2009年08月31日

『穴』

祭りのあとは、台風。

一昨日の

高円寺の阿波踊りを尻目に

渋谷のアップリンクファクトリーXにて行われる

映画祭りへ。

洗濯機をぐるぐるまわすとよく思いだす

リングでおなじみの高橋洋監督が

高校生の文化祭りで撮ったという作品『穴』

が上映されていたのでした。

ご本人も最高傑作とおっしゃられるほどの

熱い一本にぞっとしました。

高校生で、もう、こんなもの撮っていたのかと思うと

やっぱり高橋さん違いますね。

★★★

心変わりは罪な事?

恋には翼が生えている

あちらこちらと飛びまわる

------「フィガロの結婚」意訳

歌劇の中で「フィガロの結婚」は
とても人気の舞台だと思いますが、

なぜでしょう?

しめっぽく恋愛を語られるよりも
ここまであっけらかんと

感情というものは捉えにくく、
人間には到底コントロールできず、
きりきり舞いしてしまう

てなことをコメディとして
描かれているからなんでは?

醜悪な嫉妬が引き起こす
ドラマは残酷すぎてひどく
笑ってしまうことがある。

スピノザ何度も読むより、
「フィガロの結婚」を一度みると
感情にとらわれる人間がいかに滑稽で
しょうがなく、どうしようもないこともあることを

受け入れざる得ないのでした。

★★★

祭りのあとは、恨みっこなしよ。

手をつないだことも、

ほほとほほが触れたことも、

絡んだ足首に絆の跡が残っても、

恨みっこなしよ。

さよならをいわずに

手をふって

見送ることも恨みっこなしよ。

『ティアドロップスハッピー』
「恨みっこなしよ」より

posted by ラジオルクセンブルク at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在日ファンク

高円寺show boat

にて行われた「カッコイイナイト3」

行かなかった人。後悔してください!

うわさには小耳にはさんでいた

在日ファンク

めちゃくちゃ面白くてかっこよいです。

ざいっくかんっ!
キズキズ。。。

つぼにはまる
ハマケンさんの歌に大笑いしつつ、

ときどき、気持ち悪い発言にも気持ち悪くなりつつ。

酔いもまわるほど踊りましたよー。
最後はさわやかだったなあ。
ハマケンさんが
森進一に時々見えて、
いいライヴでした。

次回のライヴもきっと踊れるでしょうねえ。

女の子がたくさん踊っていたのがよかったです。

個人的には、キリングフロアのフロントマンでもある
ピートさんがハシで吹いているのが、
テンションあがりました。

★★★

イルリメはテンターティナーぶりがやばかった。

★★★

そして、イベントを企画した一人でもある
伊藤大地くん。
ひげをたくわえ、しぶくなって
ドラム以外で
初めてちょっとどきどきしました。

相変わらず、びしばしいいドラムです。

その日は、

グッドラックヘイワが10年前にやっていたバンド

ON THE BUSH ON THE BUSH

再結成だったらしく、次回は、一年後とか。

いいねえ。青春の一ページを垣間みましたよ。

★★★

最初の出番の
LITTLE WISE MANは
間に合わず、みれてない。

残念、きっといいバンドだったに違いありません。

★★★

あ、ちなみに

キリングフロアは

9月20日下北沢440にて

ワンマンライヴもあるとか。

楽しみです。




posted by ラジオルクセンブルク at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

小松亮太

バンドネオン奏者は数少ないのですが

今をときめく
かの三浦一馬さんがこの人の演奏を聴いて
バンドネオン奏者を志したとか。

小松亮太。

おそるべし。
3分20秒のリベルタンゴの中に
どんだけドラマがつまっているのか。

posted by ラジオルクセンブルク at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

ムーンタン

お気に入り。

木村大さんのムーンタン

好きな人が増えるのは楽しい。

posted by ラジオルクセンブルク at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

裏切りは

「愛はどうですか?」

そんな問いに。

今日の答え。

「おそらく、裏切りは最高の愛情ですね。」

★★★

大島渚監督
『青春残酷物語』
の中より。

「僕たちはキズつけあうばかり」

★★★

離れてしまったら、キズつけあわずにすむかと
いえば、そうでもなくて、

守ろうとする誰かを守ろうとして自らをなくし、
その誰かをもキズつけてしまう。

若いというだけで、結末は残酷。

★★★

「映画にこだわるのはなぜ?」
の問いに。

映画に否定されたことは無いのですが、
映画を否定する事はよくあります。

私にとって映画の中での裏切りは、愛そのもので、
愛そのものを伝える術が映画であったりします。

何かをつくっていく上での孤独は
ときに恍惚を呼び起こす。

本格的にノーフューチャーの現実に
夢をみているかといえば、
夢はみていなく、

幸福と呼べるものを
空虚に映し出す。

映画にこだわるのは、そういうわけです。

意味はありません。



posted by ラジオルクセンブルク at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

映画『レスラー』観ました?

映画『レスラー』観ました?

ミッキーロークが初めて
かっこよくみえました。

一人の男の話でもあるし、
父親の話でもあるし、
家族の話でもある。

破滅に向かう男は魅力的です。

世の中と折り合いがつかず
愛してほしいとじたばたしている人は
愛らしい。

好みの問題?

ミッキーローク演じる男の
どーしようも無い感じがね。

よかったです。

悲しいかな
周りの人を幸せにする人が
必ずしも幸せではないのですね。


女は
最後のステージを投げ出して
男を追いかけるのですが。。。

「あしたのジョー」もそうですが
灰になった男の手にしたものを
最後に渡してくれるパートナーに
なりたいなあ

と、

いう夢はみてしまいますね。

『レスラー』
中年の自覚がある人は
観ると元気になるかも。





posted by ラジオルクセンブルク at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

映画『蟹工船』観ました?

原作が重い話なんで

どうなってるんだろうなあ。

と、気になってみました。

『細雪』や『卍』も
小説原作のものって

脚本監督でこんなに変わるんだ、

って観ていて思います。

活字が映像になるって難しいと思うんです。

で、

今回の『蟹工船』

原作読まんでも、先に映画観て、

原作後に読む、ってことでもいいのでは?

と思いました。

青春映画だったなあ。
海よりも蟹よりも
なんとなくですが、
下北沢のにおいがしました。

闘うってことよりも、
どのように団結していくのか?

て、ことに重点おかれていて

ソリドリティーとやらは、
ある一人の熱い奴が火花を放つことで
始まるものなのかなあ、

と、観終わったあとにじんわり思いました。

お気に入りの俳優さんが登場していました。

松田龍平

新井浩文

山本浩司

西島秀俊

力丸さんもがんばってましたねー。
力丸さん俳優デビューおめでとう?でいいのかな?

松田龍平の横顔が美しさを増しています。

何気ない仕草がかっこいいのは、

スターのあかしですねえ。

どうしても優作を龍平の中で観てみたいと思った瞬間があり、

ごめんなさい、と後で思いました。

龍平にアクション映画やってほしいですねえ。



posted by ラジオルクセンブルク at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

真夏の夜の事

名曲

posted by ラジオルクセンブルク at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

美しい森は深い緑の中

枯葉落ちても

美しい世界はまだまだあるのですよ。

posted by ラジオルクセンブルク at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追憶は

ひらいてみると

posted by ラジオルクセンブルク at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初恋の嵐

ひどいなあ。
西山さん、こんな歌
つくっといて、いないなんて。
ひどすぎる。

会いたかった。

posted by ラジオルクセンブルク at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。