2009年07月23日

日蝕

神奈川県、某所。

何かが大きく変わるとは思わない。

光と影は常に隣り合わせなのは、わかりきったことですが、

日蝕のときの木漏れ日は、いつも見えている

光の反射ではなく、欠けた反射。

心残りがあるといえば、何なのか?

海を眺めながら、洞窟で

ぼんやりしました。

どうしても、これは、やっておかないと

気が済まない、ってことがあるものです。

人生そんなに長くないですよ。

ハレー彗星がきたときは、

やっぱり友人と空を眺めてました。

みえてもみえなくても

観たいものをみる。

それだけでも、楽しいですね。

生産することばかりが価値があるかといえば、

そうではないでしょう。
posted by ラジオルクセンブルク at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

KILLING FLOOR

ネーミングセンス重要ですね。

キリングフロアーですよ。キリング。

音も

かっこいいですよー。

聴くっていうか、踊る音楽かなー。

来月は下北沢440にてワンマンライヴ。

名曲

GORILLA

収録のライヴアルバムは
『LIVE BOOTLEG!』

地底レコードから出てますよ。

---------------------------

地底レコード
TEL&FAX0422-52-9328



posted by ラジオルクセンブルク at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

「熱のカタマリ」傑・力・珍・怪映画祭

熱ノカタマリ。

熱のかたまりだなあと思いますよ。

暑い夏には、熱いものを。

お知らせ!

渋谷アップリンクファクトリーにて

上映会。

8/8(土)〜9/4(金)

連日、トークあり、ライヴあり、
いついっても楽しいですよー。

そのいろいろはコチラから
どうぞ↓
http://keturiki.com/

チケットの問い合わせはコチラへ
どうぞ↓
http://www.uplink.co.jp/X

----------------------------
連日上映
ラインナップ。やばいよ!
みておかないと!
後悔するよー。

役者がね、いいんですよ!
小野さん岡部さん。
みのがせません。

『大拳銃』
監督・大畑創 2008年 16ミリ→DV31分

懸郁夫(小野孝弘)、聡(岡部尚)
兄弟の鉄工所は倒産寸前だった・・・。
闇の商人、霧島(三宅和樹)が依頼した仕事は、
拳銃の密造。
納期が迫る中、いつしか郁夫は暗い情熱に突き動かされ
始めた。

ゆうばり映画祭審査員特別賞、
ぴあフィルムフェスティバル入選の話題作!
映画美学校第9期F高等科終了作品

---------------------------------------

19日から1週間。監督、韓国へ。
映画とは何かをトークしにいくらしい。

韓国プチョン国際ファンタスティック
映画祭正式招待作品

---------------------------------------

韓国は、今、映画が盛り上がってますからね。
今後が楽しみですね。

--------------------------------------

『人喰山』監督・にいやなおゆき 2008年 DV28分。

連続殺人事件の現場検証にやってきた灰土警部一行。
しかし、そこは「人喰山」と呼ばれる阿鼻叫喚酒池肉林の
恐怖地帯であった!地も涙も無い灰土警部が、薄幸の美少女
ハルコとのふれあいによって、赤子のような心を
取り戻すまでの、涙涙の物語。

作者自身が弁士も努める、紙芝居アニメの超大作!

*『納涼アニメ電球烏賊祭』1993年 8ミリ→DV同時上映

----------

にいやさんとは、以前、
上映会でご一緒させていただきました。
お久しぶりの再会です。

これは、すごい!紙芝居ですからね。
墨と筆と紙。
これだけあれば、創れてしまうっていうことが
30分以内で証明される一品。
これから、作ってみたい方は、
参考に必見ですね。

子どもにもお勧めです。
これは、親子で観られる。
たぶん。

-----------------------

今回の上映会では

この2本の間にもう一本あるんですよ。

『魔眼』監督・伊藤淳 2008年 16ミリ→DV25分

水科家に現れた謎の男は、母(渡辺美穂子)と妹
(舘美涼)を惨殺。長女真知子(谷更紗)の左目に
刻印を残し忽然と姿を消す。その日から、『魔眼』が
映し出す異様な世界・・・。家族を信じる事もできず、
恋人も失った真知子の前に、謎の男が再び姿を現す。
永遠に燃え続ける愛と憎しみの炎を、今、真知子は
目撃する。

映画美学校第9期F高等科終了作品

--------------------------------

人間の顔ってインパクトありますね。
チラシがいいです。
物語もよく練られています。

情熱の3本立てですねえ。

そして、ラストに日替わりでゲスト作品あります。

夏の夜長はアップリンクに決まりだねー。










posted by ラジオルクセンブルク at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

カフェねえ。

喫茶店の方が気軽に入れます。

小さな小さなカウンターだけある。

コーヒーとホットケーキぐらいのメニューの喫茶店。

そんな感じが私は好きです。

カフェとか、緊張します。

おしゃれすぎて困ります。


中野のギャラリーだったところで
コーヒー出し始めたら、いつのまにやら
カフェが盛り上がり、ってことも。

うーん、ギャラリーなんだけどなあ。

ウナ カメラ リーベラ

ここは、日替わりでお店をやっている人がたくさん
出店しているギャラリー&カフェです。

あくまでもギャラリーなんですが、

いろいろメディアにも取り上げてもらったりなんかして、

デートコースの一つで来る方々もいます。


月曜日や金曜日にお店番をしていましたが、
7月で引退です。

一年近くやっていて、いろんな人とお話できて
おもしろかったですよ。

BGMは歌謡曲か、デキシージャズか
落語か、誰かが録音したラジオ番組など流しておりました。

おおよそ、カフェのイメージとはほど遠いものだったかもしれません。

また、そういうものを求めてくる人は、

冷たく流して、ずいぶんな態度で追い返したりして。

ひどい店主でした。

しかし、血の通わないシャンシャンしたボサノバもどきみたいな
わけのわからない音楽が流れていてもしょうがないでしょう?

(え?わたしだけ?)

それだったら、BGMなしの方がいい。


今週の金曜日は、わたしは、久々に江古田をぶらついてます。

そして、ピンチヒッター

たぶん満塁ホームランぐらい大当たりな

富士ロックにもお目見えらしい、

noah's cafe さん登場します。

ぜひ、遊びにいってみてくださいー。

そして、わたしは
ローングバケーションです。

と、思いきや、

ご近所さんのおつきあいを密にしていると、
映画の上映会の話で楽しんだりしています。

ぶらぶらりと
なれない渋谷を歩たりします。

なれない街はそれなりに、
歩くと面白い風景にでくわします。

それはまた今度のお話で。

て、いったい誰が読んだるのかなあー。
posted by ラジオルクセンブルク at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩瀬奈美写真展 Iwase Nami photo exhibition

いつもお世話になっている
リサイクルショップのスタッフさんが
モデルで参加しているってことで

告知。

AWASEKAGAMI揺らぎの声|岩瀬奈美写真展

2009.07.28tue.-08.03.mon.
10:00-19:00(lastday 16:00)

SHINJUKU Nikon Salon*Gallery Taik 08.01.sat. 13:00-14:00

新宿ニコンサロン/ニコンサロンbis
163-1528
東京都新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー28階ニコンプラザ新宿内
電話03-3344-0565

フォトギャラリー連絡会の申し合わせにより、
祝花は堅くお断り申し上げます。

----------------------------------------

株式会社ニコン ニコンサロン事務局
108-0023
東京都港区芝浦3-4-1グランパークタワー34階
電話(03)3769-7953
http://www.nikon-image.com/ http://n-img.com
posted by ラジオルクセンブルク at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『レスラー』観た?

ミッキー・ロークがレスラーだからね。

観ないとね、これは。

ギリギリの人生。

人生はいつもクライマックスなんですよ。

公式HPはこちら

http://www.wrestler.jp/
posted by ラジオルクセンブルク at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

何でもお金で買えると思うなよ!

『はじめてのDiY』
何でもお金で買えると思うなよ!
毛利嘉孝 著

P-vine BOOKsより

1600円+税

で、この本は買えます。
posted by ラジオルクセンブルク at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

サイクリング

今日は、とってもさわやかな風が吹いています。

今度新しい箱を始める予定ですが、

一緒にやる予定の人と自転車散策。

いい物件に、巡りあった。

もしも、その物件がだめでも、

また探せばいいか。

そんな感じで

今日は、自転車日和でした。
posted by ラジオルクセンブルク at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

「アイ.ハコブ」

最近、友人が火事にあい、

そんなときは、近所の友人が心強く、

声をかけてくれたら、なんとかなるものです。

遠くの人にはどう伝えるか

て、話の中で、

伝書バト飛ばそうか?

なんて話題にでました。

こんなこともありますね。
「アイ.ハコブ」

http://love.wdlc.jp/home.html
posted by ラジオルクセンブルク at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

私は猫ストーカー

「私は猫ストーカー」
(洋泉社より)

という、

麻生ハルミンさんの本があるのですが、

これ、猫ストーカーの私としては、

おおー、私も私も!これ、やってるよ!

と、本を発見したときにアガリました。

これ、映画になってるんですよね。

関連記事コチラ↓
http://www.cinra.net/interview/2009/07/01/000000.php

これまたうれしいねえ。

★★★

ちなみに、先日、

子どもとの散歩中。

久々に猫同士の激しい闘いに遭遇。

携帯のカメラで激写!

動画もとったけれど、肝心の声が。。。。

入っていない。

うちには通い猫が何匹かいて、

縁側では、にゃごーと甘えるけれど、

近所の小さな小道であったりすると、

無視されます。

ちょっと悲しい。

でもねえ、それが猫の魅力だったりします。

猫っていうのは、上をみるでもなく下をみるでもなく

等身大!っていうのがいい。

★★★

わたしは、港町で暮らしていた時期が長かったのですが、

海岸にはよく猫を捨てにくる人がいて、

猫たちは、

日当りもよく、みんな、ご飯あげたりするから

ひなたぼっこして、

ぬくぬく元気に育ったりしていた。

うちにも、何匹かやってきて、

うちに届くビン牛乳は、どんぶり一杯に2本。

どぼどぼと入れて、

猫たちがいっぱいそれに頭をつっこんで

ぺろぺろとあごの下が白くぬれる猫を

みるのが日課のようなものでした。

そのうちに、縁側の窓の外で、

じっと、わたしの起きるのを待っていたりして、

ついには軽い猫パンチでおこされると、

その肉球に平伏し起きてしまいます。

猫っていうのは、

ラブリーな時間をもたらしてくれます。

猫っていうのは、人になつくのではなく

場所になつく、なんていうけれど、

人をみているなあと思う。

猫とのつきあいは長い。

でも、猫には謎だらけ。

だから、追いかけたくなる。






posted by ラジオルクセンブルク at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

新しいカフェのイメージは

わたしはわたしのことをやる。

あなたはあなたのことをやる。

わたしはあなたの期待に沿うために、

この世に生きているわけじゃない。

あなたはわたしの期待に沿うために、

この世に生きているわけじゃない。

あなたはあなた、わたしはわたし。

だけど、もしわたしたちがお互いを必要としているなら、

それは素晴らしいことだね。

しかし、もしそうじゃなければ、

それはそれでしかたがないこと。

「ゲシュタルトの祈り」
フレデリック・パールズ
より

------------------------------

これは、毎月出されているフリーペーパー
「かふぇ文」に紹介されていたもの。

才女、インド好き、
面白くないネタには容赦ない
メディアに喝をいれた逸話も多い人。
J子さん。

J子さんのイメージはこういうものらしい



posted by ラジオルクセンブルク at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルソ

友人に靴職人がいて、久々に連絡があった。

靴の学校の特集でたまたま記事を手にしたらしく

「日経の記事を読んだよ。」

と、知らせてくれた。

載った私は読んでおらず、

びっくりです。


靴っていうのは、

こういう形っと想像して

絵に描いて、お願いして作ってもらったりします。

形にないものが形になるって楽しいです。

それを身につけられるのも。

一方、

「トルソ」は

形のない部分を想像するのが楽しい。

どんな形になっているのか。

それは、どこにあるのか。

イマジネーションは欠落した物体があるから

膨らむのかもしれませんね。


映画「チョコレート・ファイター」で

傷のあるものが好きな男が出てくるのですが、

傷は気になりますね。

傷はわかりやすく欠落している部分ですからね。


ショーケンが好きです。

心に傷が多そうだから。

想像がかき立てられる人は魅力的です。

posted by ラジオルクセンブルク at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

亡き王女のためのパヴァーヌ



いつも、思うのです。
著作権で怒ったりせんのかな。
これだけコピーされて作曲者としては本望か?

ラヴェルさんはもう亡くなっているわけでして、
でも、1899年からの贈り物。
とてもありがたい一曲。

この曲は、ピアノやバイオリンもいろいろあるけれど。
私は、サックスがメインの演奏が一番好きです。

posted by ラジオルクセンブルク at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寄り添うだけの男

寄り添うだけの男

「ほら、また夢ばかりみている。」

「そんなこと、またいう。」

浮き草に流されていく

わたしはいつも

寄り添うだけの男

★★★

夢見てばかりのわたしのそばに

いつもいる人がいる。

なんでか、よくわからない。

理由はきかないことにしている。

聞いたところで、たぶん、どうにもできないから。

posted by ラジオルクセンブルク at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Everything's gonna be all right

Everything's gonna be all right
posted by ラジオルクセンブルク at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

ア セクシャル

ア セクシャル


今、気になるのは、アセクシャル。

  
posted by ラジオルクセンブルク at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

いいなあと思う人と

無理に関わらなくてもいい。

って、いうのが最近わかりました。

友人と話していて、ふっと気づいた。

友人大事だねえ。

前は、無理してその人の世界観に合わせたりして

つまんなくなってやけをおこす!

てなことがけっこうあったのですが、

無理に関わらなくていいことが最近ようやく

身にしみています。


いいなあと思う人は、いいなあと思うだけでよくて

例えば、一緒に住む、とか、

そういう相性はそうとう

あってないと一緒に住めなかったりします。

まったく異質の人だと大丈夫かも。

でも、愛のある生活がいいですね。

ファンタジーは大事です。



posted by ラジオルクセンブルク at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安眠上映会

昨日は、七夕。

都内某所にて、のーんびり短冊書いて、笹の葉つるして、

のんびりカモミールティを飲みました。

それぞれ、どんな願い事がかなうのかなあ?

なんて、短冊を眺めました。

七夕にしては、珍しく晴れて、しかも満月。

こうこうと月光に照らされて、

ベランダで空を眺めました。

知恵子は、「東京には空がない。」

なんて、いっていたらしいですが、

東京にも空はある。

そこで、出された、とろろと茄子と水菜がのっかった

そばが絶品でした。

夏は、冷たいそうめんと私の相場は決まっているのですが、

冬にも冷たいのがおいしい。と進める人がいる。

今年の冬には冷たいそうめん食べてみよう。

★★★

ござを敷き、い草枕でのんびり昼寝もいいねえ。

て、いういい風もふいて

いつになくいい七夕でした。

★★★

夕方からは、お祭りの打ち上げ。

実際にお店を出していると、案外、

ほかのブースみれなかったり、

ライヴみれなかったりしてね、

お祭り模様の記録映像をみて、ところどころ大笑い。

いいねえ。祭りはいい。

★★★

短冊は旧暦の七夕までおいておきます。

気になる方は、高円寺北中通り商店街

エンジョイ★北中ホールへどうぞ。

★★★

祭りの映像をみていたら

高校生の頃、撮った映画のことを思い出して、

相当、はちゃめちゃだったなあーと

失笑してしまいました。

勢いだけある、とりあえず、楽しい。

そんな映画をまた撮りたいと思います。

★★★

家に帰ってから、面白くない映像を

2本。

うっかりソファーで寝てしまいました。

面白くない映像をみると安眠できます。

寝つけない人に、おすすめです。



posted by ラジオルクセンブルク at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

電飾天の川

6/27satオープニング

ライヴより。

目にうつっていたものと

カメラでおさめたものとはちがいました。


電飾天の川みたいだなあ、

と、途中から記録してみました。

みてみたら、

ちょっと長いか?

で、編集の意味がちょっとわかった。

電飾天の川ライヴがあったのは

素人の乱12号店にて
うんぬんかんぬん

かぶりつき

電三圧10

ノイズ コラージュ エロ
天野拓也によって開始された「かぶりつき」

これまですくすくこつこつためてきた作品をなんと!

初お披露目!!

世界の名画「モナリザ」あります。

入場無料
7/19SUNまで



posted by ラジオルクセンブルク at 12:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃的な台詞は?

「花瓶で枯れたいと思う花はないよ。」

(映画「不灯港」宣伝チラシセリフ集より)

いいですね。これはいわれてみたい。


posted by ラジオルクセンブルク at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。