2008年11月30日

次回のやおやさんは・・・12/7

高円寺北中通りにて

フリマ中。

山森農園・やおやさんは好評につき、しゅうりょうー。

アルミ缶5個と三浦大根と人参の交換。
お昼すぎにしゅうりょうー。

先着200名までだったので、

200名以上はきたんだなあ。

寒かったせいか、小さいお子さん連れがやや少なめだったかなあ、
でも、ポップコーン300袋なくなったし、
よかったよかった。

骨密度を図ったり、
ブックウェアを作っている方や漫画を描いている方とも会えたし、

フリマの交流は穴場スポット的な濃い交流があったりするのでおもしろい。



posted by ラジオルクセンブルク at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有機野菜のやおやさん

今日は、お昼から高円寺北中通り商店街で

三浦半島の山森農園さんの八百屋さんが登場しまーす。

アルミ缶と人参の交換できます。

アルミ缶と人参袋もってきてねー。

フリマもやってるよー。
posted by ラジオルクセンブルク at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

11/28今日は雨なのでトマトCOBOカレー

雨だー。

照る照る坊主もむなしく雨。

ふー。しかし雨は嫌いではないです。

心なしか、暖かい、濡れたらこの季節は寒い。

カレーかな。あったかいスープを作ろう。

今日は、根菜のトマトCOBOカレーにキマリ。
posted by ラジオルクセンブルク at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

11/28ウナカメは・・・

横浜でのイベント・『森のピクニック』

アートイベントという名のついたイベントには久々です。

たぶん10年ぶりぐらいの参加でした。

以前参加したときは、自宅の山庭の土を車に積んで運んでは
なげはこんではなげ、泥まみれになりつつ
某学内入口講堂前に持ち込み、枯れススキを
大きなつぼに生けて、枯れた庭を造りました。

ヤン・フートというおじさんに

「どうやら実力のあるアーティストがいる。」

と謎のコメントをいただきました。

ヤンさんがどんな作品を作ってきたかというと、
どーも難解で私にはよくわからなかったので
うーん、おもしろくない、とだけ思いました。

庭園オブジェを作ったのはそれが初めてでしたし、
そもそもオブジェという作品なのかもよくわからない。

美術のお勉強をしていたわけでもなかったし、

アーティストだという自覚もなく、

ただ、遊びでつくったのでした。

『森のピクニック』への参加は、その庭園造りの延長にあるものかな、と、思います。

そのイベントで頂いた柿。

これを酵母にしてみました。

瓶の下のほうに白い影。これは乳酸菌がたくさん生まれている証拠。

柿酵母.JPG

柿は、糖分が充分に見込まれるので水のみでやってみました。

冷蔵庫で1週間(3〜4日間で低温殺菌は充分。)
常温に出して4日目。

こんな風に

柿酵母瓶開ける.JPG

元気でした!やや過発酵ぎみでアルコール臭がし始めていました。

はるゆたかという北海道の小麦500グラムに軽く塩を混ぜる。
(空気を中に入れるように)

それに柿酵母液を混ぜて
軽く15分ぐらいこねて、ジップロックに入れて酵母室、大体25℃〜32℃ぐらいのところ一晩起きました。

(なるべく暖かいところで、大体、よく聞くのは、お風呂の湯船に浮かせてみるといいみたいです。水が入らないようにして。)

かなり発酵してきました。

柿酵母とはるゆたか半日.JPG

後、半日、発酵を待ちました。
前日の倍ぐらいにふくらみました。

念のために書いておきますが、
ジップロックブランドのパンではないですよー。

柿酵母とはるゆたか丸一日.JPG

裏面をみると・・・

柿酵母とはるゆたか丸一日裏面.JPG

発酵してますねー。

明日のウナカメラリーベラ・COBOカフェでは、

これに、ローストした胡桃を入れて焼いてみようかと思います。

甘みを足すならカブトムシも好きな、メイプルシロップでしょうか。







posted by ラジオルクセンブルク at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

11/14うさぎかい!&ベジしょくどう@ウナカメ

カードリーダーの調子がよくなったので、

写真をアップしたいなあ、しかし無断で顔をアップするのもね。

ちょっとぼかしてますよー。

雰囲気が伝わるといいかな。

こんな感じだったのでした。

☆☆☆

忍者パンにあんこがのっかっています。

忍者パンにあんこ.JPG

テーブルには本が・・・

テーブルには本.JPG

みなさんどちらに?

あれれ?みんなどこ?.JPG

今日のベジメニュー。

今日のベジメニュー.JPG

みなさん奥の部屋でドリームキャッチャー作り
作ったものを転がす姿もみられました。

ドリームキャッチャー作り.JPG

忍者パンの覆面のところは、黒ごまペースト。

忍者パン.JPG

そして、うさぎかいスタート。

そしてうさぎかい.JPG

あまりにも濃密すぎて。。。

このつづきはまた。
posted by ラジオルクセンブルク at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ!鎌倉

天気予報どおり、お昼ぐらいから雨の鎌倉。

どっかね、長崎の街並みとだぶるのです。

なつかしいなあ、山間から見える海の景色とか

郷愁を誘いました。

鎌倉にいくのには、1つ。江ノ電に子どもが乗りたいというのだから

まずは、それをかなえようと、いきました。

11月に行われた森のピクニックの打ち上げもあいまって、

雨が降ろうが行こうと決めていって参りました。

忍者にもあえるかも、と、子は朝から張り切ります。

☆☆☆

忍者の生活ぶりは、世の中に溶け込み、町人と化し、

あるときは薬売り、あるときは流し、みたいなね、

芸達者でないとできないわけですが、

そんな芸を幼い頃から身につける修行を

丑三つ時にやっていたわけですねえ。

丑三つ時は、確かに風の音もとまっているかのような静けさ。

集中力もましますね。

そんな生活をしつつ情報を収集していたわけですなあ。

で、なんかあるときは、ぐわーと集まってことをやらかす。

甲賀はね、とくにそういうところあったようですね。

☆☆☆

忍者のようになりたいわけではないのですが、

ピンと来る人同士がつながっていけて

徐々に波ができる、その波にのる、のせられる。みたいなことが

ここ数日の夢でして、

今日の森のピクニックの打ち上げは、そんな夢が実現した一日でした。

☆☆☆

夜のとばりがおちたなら、

月夜もなければ雨の中、

人の声を頼りに暗闇を歩く。

☆☆☆

忍者に出会えたかはなぞ。

☆☆☆

酵母が育つ様子は、いつも人間の始まりをみるような気になるのですが、

その体験をどう人に伝えて、つなげていくかが、ワークショップの課題かなあ、と、思います。ワークショップが終わるといつも・・・。

例えば、1つの教室に何十人という子どもたちがいて、

講師の話をじっときく。みたいな一斉授業みたいなやり方は、

古臭く、到底今の子どもたちに通用するとも思えず、

よっぽど、講師のキャラクターが濃いとOKな気もしますが、

いい大人に向かってもそういうのは、どうかと、

私自身がそういう風景が好きではない。

☆☆☆

能動的ですよ、子どもは。なめたらいかんのですよ。

その力を。

大人もね、自分を見失うぐらい能動的になるときってありますね。

その力をうまく絡めていけたらいいなあと思います。

☆☆☆

新しいことが始まる予感がします。

だいたいいい予感ってあたるんですよ。








posted by ラジオルクセンブルク at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

忍者にあいたい!

子(4歳)は、忍者の本に出会ってからというもの、

ふろしきで覆面。

三平ストアの二階にあるシルクで葵の門の入った(もちろんにせもの)剣を手に入れ、

とびはね、高円寺の公園で、ひたすら修行を重ねているのでした。

その忍者の本によると「渡り」(あちこち旅をして移り歩く人のこと)の雲水(旅をしてまわる僧)やくすり売り
「物乞い」など、どこからともなくやってきてまたいないくなる人がたくさんいたそう。

ん?思い起こせば、私の子どもの頃に、毎年年末になると

泣き芸を披露してお金をもらっていく人。

風呂敷つづみの煮干をいっぱい背負ってきては世間話をして
お金をもらっていく人。

何にもいわず、家の前で、お経をあげて
おわんに100円だまを入れると頭をなでて
無病息災だというお坊さん(?)が登場しては、

すぐにいなくなる。という人々が多々おられました。

あれは、もしや、忍者?

と、私もかなりどきどきです。

そんなこんなで高尾山にいきました。

忍者に出会えるのではないかと・・・・

明日は、鎌倉山にいってきます!

子よ、江ノ電に乗りたいだけなんじゃないのか?!

つづく!!!!!!!!!!!
posted by ラジオルクセンブルク at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

「今、貧乏なんですが、何か?」というタイトルの本をTKが・・・

出した方がいいよ。

今だよTK!もう熱湯に入る芸人もいとわず

出版した方がいいね。

吉本にもいたことあるんだし。

もう、熱湯だ!

売れるよ。きっと。

買っちゃうなー。

☆☆☆

貧乏っていってもね。

万年資本家になったことがない私は、

生まれてこのかた貧乏なんですが、

TKの貧乏観も気になります。

家賃に250万は、私は無駄なお金の使い方だなあと

思っちゃうなあ。

(私だったらコモンカフェの資金に回しちゃうなあ。)

電車賃なかったら、ヒッチしたらよいのに。

TKの顔をみたら、どこまでも〜かーぎりーなくー

乗れそうな気がするんですれど。

もちろん、ちょっと10円貸してを何人かに声をかけると

電車にのれなくもない。

高円寺や中野、吉祥寺でやってる人いるもんね。

☆☆☆

TKの豪快なお金の使い方に。

なにわともあれ、お金は大事。

どう使うかが大事。どう手にするかも大事。

と、肝に銘じましたよ。





posted by ラジオルクセンブルク at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

ベルクで246

デジカメとパソコンをつなぐあれ、

マルチカードリーダライタ

の線がよれよれになり、うーん、感電もあやういと

よくわからんが、新しいのにかえようと新宿まででる。

ベルクによると、

あ、れーーーーー。

混んでるよー。

いい大人がなんでこんなにたむろっているのか、

こんな昼真っから。

よくみると、知ってる顔ばかり。

(苦笑を隠しきれませんでした。)

そして、

武さんに遭遇。

10年ぶりぐらいですねー。

互いになんか丸くなったような。

「たのしくいきる。」

これに行き着くまでに40年かかったよー。

って、ねえ。

またあっちゃいましたねー。

大体今の年齢の半分ぐらいの年齢の時を、

今、相対化できるのではないか。

と、最近ふと思います。

☆☆☆

先日、ひ。さんと長らく対談。

朝まで生テレビ的に対談。

「仕事、人生、家族、恋愛・・・

どうなのよ!!!」

結論。

「家族を沈没させりゃいいんだよ。(がっちり家族の枠を作るではなくってこと)」

「ゆるいファミリーを続けたい。」

「年とってからがおもしろいんだよ。(恋愛)」

「でもめんどくさいなー。嫉妬とか。」

「子の保育者をもっと増やそう。」

「第三者が入ってからが楽しんだよー。(コント)」

「食べるってエロいよねえ。」

付き合うか付き合わないかのポイントは?

「食事をして楽しいかどうか。」・・・・

でした。

☆☆☆

246表現者会議のフリーペーパーに

「文学は一人の孤独のためのもの・・・」

という風なくだりが書いてあって、妙に納得しました。

そんなこんなでおとんの孤独を奪ってしまった私は

読書の時間が減ったとおとんにいわれる。

どっかで不幸じゃないと本を読まなくなる、と

そうかあー。

幸せを追求するために、本を読むってこともあるんじゃぁないのかねー。

私は、もっぱら料理の本とにらめっこしています。









posted by ラジオルクセンブルク at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りんごCOBOサイダーを飲んだ後は・・・

<りんごCOBOサイダーを飲んだ後のりんごとさつまいも>

りんごCOBOサイダーを飲んだ後のりんご。
菌に食べられた後なので、やややわらかめ。

りんごCOBOサイダー飲んだ後.JPG

シンを切り取り、あく抜きしたサツマイモと煮る。

りんごCOBOとさつまいもと煮る.JPG

結果。なんともじんわり甘い煮物。

11/7のウナカメラリーベラ・地層ご飯にも登場していました。

あっというまになくなる。

特に小さいお子さんに人気。

こんな風に。

りんごCOBOとサツマイモの煮物.JPG

子どもは正直なので、子どもにうまい!と思われたら、正解。

という風に思ってメニューを考える。

ちなみに、この日、写真も撮るまもなく

大人気だった大豆のナゲット。

うちの子は嫌いなんだなー。

チキンのナゲットに負けているのでした。

まだまだ修行が足りんのだな。

posted by ラジオルクセンブルク at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森のピクニックの後は

おいおい、リュックおろしてからでいいんでないの。

森のピクニックの後1.JPG

次の日の朝は、

七色バームクーヘンといろいろまんでした。

少しかたくなっていましたが、おいしかった。

七色バームといろいろまん.JPG
posted by ラジオルクセンブルク at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

ブランコ

なんだ!この世界は

初めてみた!

オレが宇宙になった

オレは今日から宇宙人だ

ぐるっとまわるよー

海にザッパーン!!

☆☆☆

公園でブランコで遊ぶ子が

ブランコに乗りながら

いっていた言葉を思い出しながらかいてみました。



おばちゃんはブランコに少し乗ると

もうよっぱらいます。





posted by ラジオルクセンブルク at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またあえたねー

先日の公園にて

「お!マリオじゃん、またあえたねー。あそぼーぜー。」

どどどーとマリオ含め、凸凹兄弟3人

いきなり公園を走りまわる。

マリオとは、うちに住む子ども怪獣。

(マリオの服装ににているかららしい。)

なんとも、あったかい光景で、

マリオとちゃんばらごっこ、もちろん切られ役の私は

体力の限界を感じていたので、

凸凹の出現に安堵しつつ、ベンチで一服。昼ね。

☆☆☆

「かくれんぼするものこのゆびとーまれ!」

このあたりは、私の子どもの頃とあまりかわっていないらしい。

おにごっこにかくれんぼ、ブランコ。

ジャングルジム、すべりだい。・・・

「今日、おれ自転車!」

ごごーと3人は自転車を乗り回す。

そんなこんなで余分なすきもなく遊びまくる子ども。

あ、いかん、よだれをたらしながらねるところだった。

おとんもいることだし、家に帰ってねるか。

と、自転車で帰ろうとすると

「ちょっちょっまってよ。おいていくなよ。」

マリオが、「おれかえるー。」

と少し弱腰の声。

「おとんがいるよー。」

と、おとん。

「じゃーいい!」

あっさり、ごごーと自転車にのりつづける。



posted by ラジオルクセンブルク at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

11/14高円寺ベジしょくどう@ウナカメ

先日のウナカメラリーベラでは

『高円寺のベジしょくどう』さんが出店していました。

かなりボリューミーでたべごたえのある1プレートに

かぶのスープつき、最後にレモンバームティがでてきました。

お腹いっぱいです。

動物性のものを使わずして、あれだけのメニューができるって

すごい技だなあと、思います。

☆☆☆

連続読書会『うさぎかい!』は、

インタビューしあって、それを発表したり、

読書会の前に・・・

古い傘の骨組みをいかして、

ドリームキャッチャーを作り、大盛況!

そして、

読書会の片隅で、天然酵母のパンも焼け、

柿のCOBOも仕込まれました。

名古屋からかけつけた方もいて、

コレクティブキッチンのこと

親密権と公共権について、

捨てそうなものを捨てないで活用できること。

などなどお話しできてよかったです。

来週は、まったりランチ。

のんびり飲む。

15:30ぐらいから、COBOを仕込んでいる予定。

仕込み方を知りたい方は、ウナカメラリーベラ金曜日に遊びにいらしてください。

では、おやすみー。

posted by ラジオルクセンブルク at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

11/30フリマとやおやさん

11月30日(日)

高円寺北中通り商店街

フリーマーケットです。

この日は、三浦半島の山森農園さんがやってきます。

おいしい有機野菜がてんこもり!

まいかごマイバックを空にしていらしてください。

お昼ぐらいからはじめています。

☆☆☆

次の日は、

12月1日(月)

夕方19:00〜

上映会やります。

エンジョイ☆北中ホールにて

内容は、けっこうハードなのでお腹がすくかもしれません。

タオル持参。

軽食あります。(カンパしてね。)

入場料無料。

1ドリンクオーダーよろしく!(会場費になります。)
posted by ラジオルクセンブルク at 00:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

大遅刻!

今日は、高円寺北中通りで「山森農園」さんの

やおやさんをお手伝いするはずが、寝てしまっていた。

金曜日のための仕込みに

木曜日の夕方から仕込みをほぼ寝ないで次の日に突入。

金曜日のお昼から土曜日の夜中までカフェですごし。

帰りに高円寺の駅で花咲さん(太陽肛門スパパーンの)にばったりあって
天然酵母のパンを渡したのまでは大体記憶にある。

そして、次の日に子どもの付き添いで児童館へ遊びにいったのも。

しかし・・・・

家に帰ってからは、寝ていた。

夕方、いやもう6時まわっていて、え?今日何日?今朝?

状態で。

がびーん。yoyoから着信。ようやく到着。

ああーやってしまった。

次回は11/30。ちゃんと寝ます。そしてお昼にはいきます。

あ、看板かきます。山森農園の。

しかし、12号店の

「これでいいのだ!」上映会よかった。

タモリは、夜中のおしゃべりが楽しいね。

山森農園の野菜のなべもおいしかった。

☆☆☆

そういえば、

「うさぎかい!」に参加していた方の一人が

最初に出した私のミニミニ通信を読んでいたらしく。

こんなところに読者とあうとは思わず、

えらい感激しました。

書いてみるものですね。紙に。
posted by ラジオルクセンブルク at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

11/7ウナカメラリーベラのメニューは地層ごはんでしたー。

11/7金曜日。

この日のウナカメラリーベラはCOBOカフェ・ぽこぽこ

メニューは地層ごはんでした。

地層ごはんは、横浜の造形教室・duiと高円寺ベジしょくどうのyoyoが

横浜の栄区で行われた「さかえ de つながるアート 森のピクニック」

にて、子どもたち、大人たちといっしょに楽しんだメニュー。

これをうちでもやったら、やっぱり楽しくて、これをウナカメでも

やろう!とすぐさま思いました。


すると・・・・


ワイングラスにおもいおもいにごはんをつめていく。

お皿にカパっとだしてみる。

そんなお客さんの姿がみれました。

☆☆☆

夕方からは

「うさぎかい!」

という読書会が開かれました。

小沢健二さんが季刊誌『子どもと昔話』

で書いている「うさぎ!」を読みながら、

話し合いをすすめていき、ときには関連する映像をみたり、

ときにはフィールドワークでそとにでかけたり、

そして、それを次週に発表したりする会です。

次回は、11/14金曜日19:00〜の予定です。

☆参加費500円(資料と焼きたて天然酵母パンがつきます)

☆会場運営費として1オーダーお願いします。

☆11/14金曜日のカフェは、高円寺ベジしょくどうさんです。

おたのしみにー。
posted by ラジオルクセンブルク at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

連続読書会&上映会「うさぎかい!」ウナカメラリーベラにてスタート

11月からウナカメラリーベラ金よう日に出展させていただいています。

COBOカフェ・ぽこぽこです。

11月7日金曜日は、連続読書会&「うさぎかい!」がスタートします。

小沢健二さんが季刊誌『子どもと昔話』で書いている小説「うさぎ」を読み。話しあう会です。

関連した映像の上映会も行います。

明日は『子どもと昔話』28号第4話を中心に話し合います。

飛び入りも歓迎!

時 間:17時〜会場準備。19時ぐらいからスタート予定。

参加費:500円より(資料代&小椋さん特製パンがつきます。)

+1オーダーよろしくお願いします。(会場運営費となります。)

※「うさぎ!」が連載されている『子どもと昔話』は小澤昔ばなし研究所(http://www.ozawa-folktale.com/)や書店で入手できます。

「うさぎ!」気流舎(http://www.kiryuusha.com/)

やほのかふぇ(http://honocafe.blog93.fc2.com/)

『子どもと昔話』を所蔵する図書館などでも読むことができます。

☆☆☆

明日のご飯メニューは、

11月3日(月)横浜栄区のイベントでも好評でした。
こんなお祭りでした。

http://www.sakae-art.jp/

子ども造形教室dui+高円寺ベジしょくどうyoyoの「地層ご飯」を再現したいと思います。

ワイングラスにいろいろ重ねて楽しむ「地層ご飯」です。

ごちそうになるかは・・・お楽しみに!

お飲み物メニューは、

中野サイダー

白サイダー

ざざっと珈琲

まあまあなオレンジジュース

きっとおいしいりんごジュース

燻製京番茶

世界のビール

などなどです。

ちなみに、ステキな登場をした貴方には、白サイダープレゼントします。

お待ちしております。

きてねー。





posted by ラジオルクセンブルク at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

座るなら高江

その暴動は、あなたの髪の毛のもの。

その暴動は、ローズマリーの花のもの。

その暴動は、ニワトリが鳴くためのもの。

その暴動は、森をかけめぐるためのもの。

その暴動は、踊るためのもの。

その暴動は、青空のためのもの。

その暴動は、地層のためのもの。

その暴動は、歌うたうためのもの。

その暴動は、子どもが泣くためのもの。

その暴動は、じじばばがこれ以上泣かないためのもの。

その暴動は、パイナップルを食べたいからのもの。

その暴動では、誰も死なない。

その暴動は、高江で生きるためのもの。

☆☆☆

沖縄の高江にお友達が住んでいる。

青空保育園をやっている。

保育園の子どもたちの写真は、とても元気いっぱいです。

高江の緑のみどりいろはとても濃い。

空がとても青い。

パイナップルが、とてもおいしい。

月桃のはっぱは、しょうがみたいな香りがする。

じいじばあばは主にパイナップル農園をして暮らしている。

そこへ、ヘリパットができるそうだ。

それは、とても残念な光景。

て、いうか死活問題なんですねえ。じいじばあばにとっては。

じいじばあばを大事にしないと、ろくなことないのですよ。

そんな高江で、ヘリパットいらない座り込みが続いている。

座るなら、太鼓をもって、座るならギター持って、

座るなら、タンバリン持って、座るならアフロで、

座るなら、座布団持参で、

座るなら、おにぎり握って、

座るなら、ピクニック気分で。

posted by ラジオルクセンブルク at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

森のピクニック!お腹いっぱいです。

先日の武蔵野・はらっぱ祭りにいくのに、

会場を間違えて、都立小金井公園にいってしまった前歴がある私としては、

森のピクニックの会場・上郷へたどり着けるのか、

会場につくまでどきどきでした。

いやー、子、ともども、開始時刻前になんとかたどりつけてよかった。

つくまでで半分以上、力を使い果たし、

やっとこさ、ワークショップスタート。適当に終了。

大人も子どもも瓶をあける瞬間に緊張が走ります。

ぶくぶくーしゅわしゅわー。

すっぱい!ん?りんごジュースみたいだ。

市販のサイダーとは一味違うはず。

子ども参加が多く、酵母プレイヤーが子どもに増えるってうれしいものです。

「炭酸?嫌いだよ。骨がとけるんでしょ?」

と、いう子どもがいました。

ほほ〜。そういえば、私も子どもの頃、母親にそういわれて、中学生になる頃まで市販の炭酸飲料は飲まなかった口です。

確かに、砂糖をたくさん使っている炭酸飲料は、まずは歯が虫歯になりやすいだろうなあ、と想像します。

そんなに神経質になることは、ないとは思うのですが、私はあまりオススメしたくない。

天然の炭酸飲料とは、リラックス作用があり、緊張をほぐすといわれます。

とくに自律神経系の方を。

ビールのあのぷくぷくする泡、あれもそうですねえ。

炭酸よりもむしろ、炭酸飲料に含まれるもろもろが気になるところ。

もうねえ。セレブの間では、どこそこの天然炭酸飲料が美肌にいいとかでおとりよせしているなんて話しも聞きますし。

☆☆☆

「菌とたたかうと大変なことになる。」

酵母の本はウエダ家さんが最近ポピュラーでしょうか。

ウエダ家のみなさんとお会いしたときそんな話しが飛びだしてきました。

確かにそうだなあと、

人間の腸の中にも、森の奥深くにも、まだまだ知られていない菌の世界があるわけですが、

この菌たちとたたかうことになると、

いやー、人間はかなわないだろうなあと、その前に敵にしたくないなあと思います。

自然と共存していきたいものです。

☆☆☆

ワークショップのお隣で、みなさん真剣に黙々と竹の棒を持っている、

ので、参加してみる。なないろバームクーヘンを作るのでした。

ふっふっふー。これはね。炎が熱いけれど、いいね。

手作りバームクーヘン、街のお祭りでもできますし、

大人も子どももいっしょに楽しめる。

もう1つ、地層ごはん。これはねー、トンチきいててよかったです。

ウナカメ一日カフェでも、子どもに知らず知らず野菜や海草を食べられるように、

これは取り入れたいと思います。

ドレッシング、いろ×いろまん、カラフルバター&ニョッキ、コーヒー豆のザル振り焙煎、焼き焼きフルーツ、釜揚げうどん、さーたあんだぎー、もうお腹いっぱいです。

空の瓶とりんごと人参と大根を持っていって、

帰りには、ご飯や海草に柿、いろいろまんをもらって帰りました。

なんていいお祭りなんだ。

☆☆☆

アートとは、生活そのものだったりするなあと愚直に思ったりしました。

☆☆☆

くるくるくるくるつながーる

未来はひとーつ〜

バームクーヘン♪

と即興の唄を歌いながら、帰る子。

会場で、お友達もできて上機嫌。

電車の中で、隣の子どもにも話しかけて、

その子の親にお菓子をもらっていた子。

「おもしろかったでしょ。」

と、きくと、

「うん。」

と、いいながら床につきました。

☆☆☆

酵母もごくごく身近にあるもの、肩肘張らずにできるところから

取り入れると、案外、家計が助かったりする。

酵母酢とかね、大根のつけものも長持ちするしね。

いつものメニューに酵母を+。そんな感じで楽しんでもらえるといいなあ

と願いつつ、もうねます。

☆☆☆

砂川祭りは来年。
posted by ラジオルクセンブルク at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。