2008年09月28日

貧乏にもほどがある

今日は、あしば祭でした。

あしば祭のあしばは、
足場を固めるのあしば、らしい。
あと、あしばーの意味もあるらしい。

今日の司会のセリフより。

「おとんは、物心ついたときから、よお働かんで。
うちでごろごろしとった。
今でいったらフリーターだ。
なんで、おかんは、こんなおとんと結婚したのか。
と、子どもの頃よく思った。」

と、そんな泣かせる話まで披露してまう祭り。

祭りはいいね。

そんなこんなで、今年も売る気ゼロのうちのおとんは
お店のブースの後ろのシートで酒に酔って寝ていた。

子どもに起こされて、キャッチボール。

そんなうちのおとんとは、出会ってかれこれ10年になる。

☆☆☆

「なーんでこの人とけっこんしたんですかー。」
若いおねえさんに聞かれて、ふと、振り返る。

確かに、なんでだろう、って籍もいれてなければ、
式もあげてませんけれどねえ。

なんざんしょ。

・・・・・・・・・

アンデパンダン展なんていうものがあって、
そこに絵を持ち込み、
どうした流れか、今はなき高円寺の「ラスタ庵」
というところに遊びにいった。

そしたら、今のおとんが、いた。

じじむさく、薄汚く、ずいぶんじいさんがいるものだと、
視力の弱い私は思いました。

早口で何をいっているかよくわからんし、

「長崎かあ、金たらいみたいなどんぶりでちゃんぽん食ってるんだろ。」

長崎生まれの私にいった一言。

それは、なぜか、覚えている。

☆☆☆

そうして、数える程しかあっていないのですが、

私は、住む家もなく、お友達のうちに居候させてもらいテンテンとしており、
おとんの家もその1つだった。

家がやたら、きたない、オラウータンがあばれた後だろう、というぐらいだらしない生活ぶりで、なんでか、掃除にいった。

「うちじゃー捨て猫は飼えないの。」

私は、おとんに捨て猫扱いされつつ、にゃーとまたいってみる。

うろうろ外を歩く。お金もないので
ひたすら散歩。

金子光晴の小説に出てくるあたりをうろうろうろうろ。
同じところをうろうろううろ、ひたすら歩く。

夏は、アパート内がやたら暑いので、近所の大学構内で水遊び。(二人ともそこの学生じゃないけれど)

☆☆☆

夏がすぎたあたり、

おとんの友達が住んでいたアパートが一室あくというので、
そこに引っ越す。

風呂なし、共同トイレ。
6畳とキッチン広めの6畳、
その二つの部屋、2階建ての木造アパート
木枠の窓が風情があってお気に入りでした。

お風呂は近所の銭湯へ。

夏は、暑い。
冬は隙間風で、なんでか外より寒い。

雨が降れば、ごたぶんにもれず、雨漏り。

そして、
いろいろいろいろいろいろいろいろあって。

子どもが生まれてからも、3年間は住んでいて、

子は、保育園の友達に、以前、雨漏りの話をしたらしく

「外に住んでいるの?」

と、いわれたらしい。

うーん。確かに、天井の裏も見えていたなあ。

今は、雨漏りがしない。狭いながらも風呂がある。

☆☆☆

儲かるぐらいに商売がうまくいったという試しはないけれど、

食えているんだなあ、子も元気に育っているのに驚きだ。

うちの親も、おとんのおかんもおとんも何もいわない。

ときどき遊びにいくと、子どもはかわいがってくれて

野菜や米を送ってきてくれたりする。

☆☆☆

ときどき、どちらかが

急に入院したときにどうするか?

という問題があるのですが、

籍を入れていないと、手術の内容とか、
受諾書にサインできないとかね。

で、トンチも大事ですが知る力も大事でね、

緑風出版から出ているプロブレムQ&A
『パートナーシップ・生活と制度』
を読んで解決。

緊急時連絡先カードというものを持っているといいそうだ。

がってん!

☆☆☆

そんなこんなで、のらりくらりとやってきて、
この先どうなるのやらわかりませんが、

「オレが幸せならいいんだ!」

と、おとんがいうのですから、きっとこんな感じでいいんだな、

とつづく。

☆☆☆

これを書きながら、貧乏自慢のzineを作ろうかなあとふと、思ったのです。

貧乏子育て人の横のつながりができると楽しいんじゃないかと・・・。

今日の祭りでも、かなりおもしろかったし。

ふふふー。どうなることやら、先が決まっていたら
おもしろくはない。










posted by ラジオルクセンブルク at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

9/28あしば祭

明日は、あしば祭。

中野駐輪場手前。ちょいと狭くなった公園にて

あしば祭り。

12時ぐらいからスタート。

毎年、商売っ気なくお店番しています。
お店番しつつ、ライブをみつつ、
昨年は、ペーパークラフトつきの
CDや、月桃石鹸、たたみへりのポケットを並べてみました。

好評につき、完売。

今年は、ビーズでつくったアクセサリーをちょいと並べてみます。

沖縄は、
石垣島、タケトミ島にいきました。
西表にいったのでした。
山猫を発見できるか・・・・
と、歩いていたけれど、
砂浜にお昼寝している猫たちに遭遇。

タケトミ島では、いったその日に、選挙があって、
島は、大賑わい、いっしょにいった花火師さんが
いきなり、花火をあげるといいだし、
火をつける瞬間がどきどき。

ちょいと小雨の中、ひゅるるるーと花火があがって、
おおーっと歓声。

楽しい思い出の多い沖縄。

あしば祭りは、沖縄のお祭りの1つ。

チャランケ祭りは、
アイヌ出身の一人と沖縄出身の一人が
であってうまれたお祭り。

☆☆☆昨年のお祭りのフライヤーに書いてあったのですが、

「アイヌの言葉でさぁ、<チャランケ>ってのがあるんだ。
 とことん話し合うことって意味で」

「おーっ! 沖縄でも<チャーランケ>って言うぞ。
 消えんなよォって感じで。」

「おもしろい!」「いや愉快!」
…と、2人が言ったかどうか定かではありませんが、

この出会いが1994年10月23日、
第1回チャランケ祭として実を結んだのでした。

それ以来、出会いが出会いを呼び、その出会いが夏に出会いを呼び

........第14回に至っているのです。

☆☆☆☆

今年はどうなるのやら。。。昨年の様子は、こんな感じ。

http://www.charanke.com/

11月は、チャランケ祭りやはらっぱ祭り、と祭り続き。

☆☆☆☆

はらっぱ祭り
大体毎年、11月の第一土日。

http://the-harappa.net/

昨年は、雨にうたれて、最後少し冷たいお祭りでした。
そういえば、昨年は、手作り毛糸帽子を天然酵母パン
と交換したり、古本を2グラム=1円で交換したり。

相変わらず、新刊は古本と間違われて値切られたり、
「ビンボーなんで、・・・」
という青年に、貧乏人新聞をすすめたら、
がっくりされたり。。。

この時期
横浜方面でも、なにやらおもしろそうなお祭りがあるようです。

今年は、横浜のお祭りで、
こうぼワークショップのブースをださせてもらうことになり、
(高円寺ベジしょくどうさんのお誘いです)
楽しみが1つ増えました。

また、詳しいことが決まったら、お知らせします。

ではではー。
posted by ラジオルクセンブルク at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

ウナカメラリーベラの火曜日

10月、ウナカメラリーベラにて
http://www.unacame.com/

火曜日の「月夜と珈琲」さんの
ピンチヒッターで

VEGAN COBO かふぇを

火曜日と

祝日の月曜日
(祝日の月曜日の翌日の火曜日はお休みです。)

にはじめます。もう、見切り発車です。

やってしまえ!

水曜日は、高円寺ベジしょくどうさんもあります。

今までのメニューの紹介などなどはコチラ

「ベジしょくどう日誌」
http://vegecanteen.seesaa.net/

火曜日を逃してしまったら・・・水曜日があるさ。

高円寺のベジしょくどうさんもいってみよう!


ちなみに10/7(火)は

野中モモさんがゲストで登場する予定。

野中モモさんといえば。。。

「lilmag」
http://lilmag.org/

ビーガンって?
こうぼって?

食べてみたら、丸分かりになるかどうだか
わからないけれど、きてねー。

☆☆☆

ウナは、1つの。

カメラは、空きの部屋。←ここまでは、イタリア語。もっとたどると
スペイン語が語源かな。

リーベラは、しいていえば自由。←ここは、造語。

1つの空きの部屋でいろんな人が遊んでいます。

入口は、縁側です。
靴を脱いで、こんにちはです。

ベビーカー置き場、ちんまりあります。
40台とかは無理です・・・たぶん。
5.6台はいけます。

おむつ換えのときは、一言声をかけてください。
子育て談義もよし。

ちくちく縫い物してもよし。

CD持ち込んだり、i-POTもOK。
上映会もOK。
写真展、書展、絵画展、
漫読。。。。。
クロッキー。
ミーティング。
デートコースに。

イベントのフライヤー、ミニコミ。
zine。フリペ。

ライブ。

一日カフェをやってみたい!って方も大歓迎。

ぶらり、きてねー。




posted by ラジオルクセンブルク at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

ひどい女

つんくプロデュースの歌謡曲のタイトルではない。

「ひどい女」

と、よく10年来の大親友にいわれる。

確かにひどい。

ふりかえればふりかえるほど

ひどい10年。

そのひどい話は、また今度。

いまでこそ、酵母生活・・・

なんていっているけれど、それはそれは

酵母のこの字など一ミリたりともない生活ぶりでした。

☆☆☆

その大親友とやらとは、最近、

毎朝、10分ぐらい話をする。

しっかし、毎日会っても飽きないとはどういうことなのでしょう。

☆☆☆

先日あたりから、(だったと思う)

新しい同居人がやってきた。

以前、同じアパートに住んでいた方なので、

お顔は知っている間柄で、

朝からぶちキレル様子もわかっているわけで、

そのキレにも傾向と対策が練れるというわけです。

☆☆☆

今日は、朝から書。

昼から、一階の部屋、台所周り、

玄関周りの大掃除。

うちには、本がたくさんある。

ふー。ちょっと散歩。

木製で軽めの

本棚と子どものおもちゃ箱になりそうなものを探す。

古道具屋さんめぐりしたけれど

イマイチぴんとくるものもなく、帰る。

とりあえず、なんとかなった。

足の踏み場ができたので、今日はよしとする。

お掃除中に、

ぶらりと共同保育お友達がやってくる。

一時中断、休憩して、四方山話。

キャンプに行こう!

と脈絡もなくきまる。

☆☆☆

日々は、楽しむもの。








posted by ラジオルクセンブルク at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

先日の一日COBOカフェ・ぽこぽこ ご来店ありがとうございました。

ウナ カメラ リーベラ

一日カフェ。ご来店ありがとうございました。

昨日は、ほぼ、思い描く、のんびりカフェが実現して、

やったーーーーーーー!

なわけです。

魯山人ばりにきつい批評をするお客さん、
いや、今回もダメだしはきつかったけれど、
合格点を頂きましたし。

高円寺ベジしょくどうのyoyoさん
特製!
梨酵母入りのかぼちゃマフィンも
おいしかったし!

まだまだ2年目のカフェ・ぽこぽこ。

第一回目は、無謀のようでしたが
やってみたら楽しかった、本屋さんでの
一日カフェでした。

それから月1ペースで始めて、
それなりに板についてきたCOBO cafe ぽこぽこ

少しずつ、お客さんに育てられております。

どうもありがとうございます。

☆☆☆

そういえば、COBOの番組を作りたい、という方が
前回、見えられたのでした。

メディアが苦手な私としては、ちょっと。。。
うーんと思っていたのですが、

なんと、その方とは、10年ほど前に
友人と共同保育をしていたとある場所で
お会いした方で、びっくりしました。
10年ぶりの再会。

さて、どんなことになるのやら、
楽しみです。

☆☆☆

先日のBGM

1.Charlie Parker 1949Jazz at the Philharmonic

2.BECK! ODELAY

3.NINA SIMONE SILK&SOUL

4.AL GREEN I'm Still In Love With You&Call Me

5.Billie Holiday Lady in Satin

でしたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

おやすみなさい。










posted by ラジオルクセンブルク at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

9/15はウナカメラリーベラ一日カフェ

ふー。お仕事では、

あほのように売上をあげ、

熱いストーカーのようなお客さんが

つくようになり、

「いいのか、このままで」

と、むなしい風が吹きまくっていたのでした。

しっかし、

このところ、祭り続きでボルテージがあがりまくっている

今日この頃です。

日々を追随する、大事ね。

子は、近所の神社の山車を引き、

保育園のお友達と、がっちりとした「おとこ」同士の

絆らしきものがみえてきました。

北中通りの神輿も、後からついていってみたら、

子、最後は神輿(?)になっており、胴上げされ

「空までとんだ!」

と、目が飛んでおり、どこまでも子どもは自由人だなあと

うらやましく思いました。

祭りは、いいね。

☆☆☆

がっちりメンズな感じ、きらいじゃありません。

先日、「待て!ジャイアンツ」の草野球を観戦しにいったところ、

チームが若返っており、熱いのです。

前半の緊張感ある一場面。

2アウト満塁、ピッチャーストライクが入らず、

2ボール続き、そこで

キャッチャー一言、

「オレにいい球をよこせ!」

バックネットの裏側でみていたおいちゃんたちも、

ついつい甲子園の熱い夏を思い起こしてしまったに違いない。

次回は、博報堂を早々引退、弁護士を目指しつつ猛勉強中のあの方が、

試合に登場してしまうかもしれません。

六大学野球時代には、ドラフトも少し視野に入っていたというのですが・・・意識していただけでしょうか、

どうなんでしょう。次回の試合が気になってしょうがありません。

☆☆☆

9/15といえば、敬老の日でしょうか。

おじいとおばあは、よく酒を飲んで笑う日。

と、子どもの頃には、思っていました。

18歳の頃、レイトショーの映画を見に行ったら、

映画館を出るあたりで

70を過ぎたおじさまに誘われて飲みにいったことがありました。

話を聞いて、たいして飲めないお酒を飲んで、お寿司を頂き、

なんだかロマンのある一夜でした。

当時、永井荷風にかぶれていたので、

おじいと酒を飲むのは楽しくてしょうがなかったのでした。

「船にのりにいきましょうよ。」

とか、いったらもっと風情があったかなあ。

今ならいえるのになあ。

その日も、

次の日、12人分のご飯を作るというお仕事が待っていたのでした。

☆☆☆

明日は、中野のウナカメラリーベラで

COBO カフェをやっております。

12:00〜20:00まで。

高円寺のベジしょくどうさんがスィーツを一品持ってきて

くれるそうで、楽しみです。

祭り明けの夕方、夕焼けを見たのでした。

その夕焼けが、おそらく子どもが生まれてから、東京でみる

初めての赤い夕焼けだったのです。

そうして、考えたのが、

「夕焼け定食」

野菜中心、動物性のものは不使用。

さて、どんなお味に仕上がっているのか・・・

サイダーは、なかのサイダーがお目見えします。

お酒も少しだします。

一曲披露する方には、一杯振る舞い酒します。

では、ぶらり、お散歩がてら

遊びにいらしてください。





posted by ラジオルクセンブルク at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。