2007年12月13日

ジャーマン+雨

よし子は歌う。

トラウマ?ナンじゃそりゃ!



12/15(土)よりレイトショー!!

ユーロスペースにて
渋谷・文化村交差点左折
tel.03-3461-0211
www.eurospace.co.jp

連日21:10より1回上映
【12/31(月)+1/1(火)は休映】

絶賛発売中の特別鑑賞券1400円。
劇場窓口でチケットお求めの方に限り!
オリジナルお絵かきペン(すうりょうげんてーい)
プレゼント。

ほしい!!!

☆☆☆

写真集「男子」
でおなじみの写真家・梅佳代さんが撮った

よし子の写真も気になります。

劇場パンフに掲載予定とか。

☆☆☆

劇場トークイベントも続々決定!

12/23(日)
上映終了後、超大型新人女優の好美さん
の魅力にせまります!

本作の監督・横浜聡子さん

『道』『子宮で映画を撮る女』の
監督・山下敦弘さん

が繰り広げるトークって・・・。


2008/1/13(日)
上映終了後

俳優・新井浩文さん登場。

新井さんと横浜聡子監督をつなぐ青森と映画。

そして、29歳のお二人。

『ゲルマニウムの夜』の監督・大森立嗣さんを迎え、

雪深いその場所に何があるのか、

お話が聞けるでしょう。


1/18(金)
上映終了後
トークイベのオオトリは!

山本政志さんと
あの方(アングラ界のカリスマ映画監督といえば?
鈴木・・)と

横浜聡子さん!

この日は、「ジャーマン+雨」
のほめ殺しの日とか・・・

☆☆☆

この映画

3回は観てしまうかもね。






  



posted by ラジオルクセンブルク at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

映画「実録・連合赤軍」 あさま山荘への道程(みち)

今、ちまたで売れに売れているらしい。
ARATA デザインTシャツ。

若松孝二監督の新作映画
「実録・連合赤軍」
あさま山荘への道程(みち)

http://www.wakamatsukoji.org

のオリジナルTシャツでしかも限定品ときたもんだから

何枚着るんですか、一人で。

ていうぐらいまとめ買いする人もいるらしい。

(新宿の書店・模索舎さんからの口コミより)

ネットオークションとかで売ってたりして・・・。

まあ、いいや。

連合赤軍の映画は、他にもありますが、

かなり描写がきついです。

観れるかなー。まともに。

☆☆☆

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、

公開前のオールナイトのイベントありますよ。

これからだと、

12/8(土)08年1/5(土)2/9(土)

新宿駅東口 伊勢丹 メンズ館隣B1F
テアトル新宿・他にて
TEL03(3352)1846
http://www.cinemabox.com


ライブ(ジム・オールクほか)、
「実録・連合赤軍」メイキングvol.1〜4
若松プロ作品上映などなど

トークショーも開催!
監督×ゲスト:中原昌也・森達也・町田康ほか(予定)

☆☆☆

1972年2月のこと。

日清のカップヌードルが売れたとか、
原油が高騰していたとか、
トイレットペーパーが値上がりしていたとか、
そのとき
日本中がテレビに釘付けになって視聴率がやたらと
あったとか、

ベトナム戦争、パリの5月革命、文化大革命、
日米安保反対闘争、などの1960年代。

学費値上げ反対運動に、貧乏学生なら
ちょいと、デモに参加するなんて
日常だった日本の学生運動も、
三里塚闘争など、
学生のみならず、農民や労働者と共に、
社会変革を目指し、勢いを増していった

とか、

やがて、それが、失速するときが来た・・・。

そんな話も片隅おいといて、

なぜ、彼らはあさま山荘へいってしまったのか。

ぜひ観て欲しい。


彼らは、なぜ「革命」にすべてを賭けようとしたのか。


現状を捉えなおす意味でも

興味深い一本です。








posted by ラジオルクセンブルク at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。